FC2ブログ

プロフィール

お大師さんの会

Author:お大師さんの会
このブログでは、まつきよ(管理人:お大師さんの会会員)のおへんろの体験と、お大師さんの会の活動を紹介させていただきます。
 感想などお寄せいただければ、うれしいです。
 「お大師さんの会」は、おへんろの経験を日常の中に生かしてゆきたいと考えている人の会です。


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:ご案内
 まつきよです。
このブログに来てくださって、ありがとうございます。

現在、私のおへんろ体験を一番さんから順に掲載しています。最初から見たいという方は、カテゴリー「一番さんから六番さんへ」からごらんください。

 みなさんの感想や体験も聞かせて(コメント、投稿)いただけたらうれしいです。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご案内
 まつきよです。
このブログに来てくださって、ありがとうございます。

現在、私のおへんろ体験を一番さんから順に掲載しています。最初から見たいという方は、カテゴリー「一番さんから六番さんへ」からごらんください。

 みなさんの感想や体験も聞かせて(コメント、投稿)いただけたらうれしいです。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご案内
 まつきよです。
このブログに来てくださって、ありがとうございます。

現在、私のおへんろ体験を一番さんから順に掲載しています。最初から見たいという方は、カテゴリー「一番さんから六番さんへ」からごらんください。

 みなさんの感想や体験も聞かせて(コメント、投稿)いただけたらうれしいです。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご案内
 まつきよです。
このブログに来てくださって、ありがとうございます。

現在、私のおへんろ体験を一番さんから順に掲載しています。最初から見たいという方は、カテゴリー「一番さんから六番さんへ」からごらんください。

 みなさんの感想や体験も聞かせて(コメント、投稿)いただけたらうれしいです。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
道路標識


 初めての土地を行くときは、標識などで自分の道がまちがってないなとわかるとうれしいですよね。

焼山寺さんを出て、山を下りてからまた激しい雨につかまりました。この日の夜の宿は×でした。泊り客も私だけでした。贅沢をする旅ではないけれど、宿の情報は積極的に集めたほうがいいなと思いました。(道中何回かそう思いました)


 





                      
応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
小学校



 平屋建ての校舎、広い校庭、裏山。

懐かしい風景につい見とれてしまいました。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
花畑


 菜の花畑です。大きい畑ではありませんが、びっしりと咲いていました。 ふだんはそんなに花に目をとめたりしないんですけど。。。





(ご案内)このブログでは、毎日写真とともにおへんろの経験を紹介しています。最初から順を追ってごらんになりたい方は、カテゴリー「一番さんから六番さん」からどうぞ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
トンネル


ひとりで歩いていて、こわいもののひとつはトンネルでした。
車が気がつかずに突っ込んできたらどうしよう。なにしろ、車道と歩道の区分けは「線」のみのところもけっこうあるもんですから。


 □
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
dainichiji.jpg


 八十八箇所のうち、ふたつめの大日寺さんです。
ここも宿坊があり、けっこうな人気だそうです。住職の奥様がたいへんな努力家だという話も幾度か聞きました。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
城跡



大日寺さんのあと、近くの民宿に荷物を預けて近くの城跡へと登りました。
 大きくはありませんが、山の上にいくつもの郭を配置した乱世のお城の跡です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
民宿


 こちらのお宿でうれしいことがふたつありました。

1.おお女将さんが、「疲れた足に塗ると楽になるよ」と油をわけて くれました。しばらくの間とても重宝しました。

2.初日に顔見知りとなったおへんろさんと再会。お堂に「がんばっ て」と書き記しておいたものを見てくれて、「励まされた」と言ってくれました。
 ちなみに、その人は焼山寺さんに着くまでに3回生まれ変わった
   そうです(それくらい大変だったの意)。








                     応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
常楽寺さん

 
 この日は曇り時々晴れでした。平地をてくてく歩いて着いたのが、14番の常楽寺さんです。四月下旬で、新緑があざやかでした。
 □
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
清め水の口が龍のようです


 手水場の口です。龍がかたち作られています。こういうのを見るとお寺さんへ寄進する人の財力と祈りの強さを感じます。
それから作った本人の職人さんも一生懸命にこさえたんですよね。






(ご案内)このブログでは、毎日写真とともにおへんろの経験を紹介しています。最初から順を追ってごらんになりたい方は、カテゴリー「一番さんから六番さん」からどうぞ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
あららぎ大師


すいません! 見えにくい(というか、見えない)でしょうが、あららぎの木のくぼみ(枝別れ部分)に小さなお大師さんがおられます。
私は偶然気がつきましたが、有名なんだそうです。

常楽寺さんもお大師さんが開かれたお寺だそうです。







                   応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
国分寺さん



常楽寺さんから歩いて15分くらいでしょうか。国分寺さんに着きました。広い境内をもつ、りっぱなお寺さんです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
飴玉




 鐘、本堂、大師堂とゆっくりまわり、置いていた荷物の上の笠を手にすると、

びっくり!

 飴玉がいくつも置いてありました。
だれかがお接待してくださったんですね。
 ありがとうございます。

 合掌。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
michi.jpg



 国分寺さんを出て、ふたたび歩き出します。幹線道路の脇を行くかと思えば、住宅街を通ったりして。 このころは前後におへんろさんも見えず、白衣がいささかはずかしかったりしました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
観音寺さん


 16番さんは観音寺さんです。国分寺さんから来ると観音寺さんはこじんまりしている(スイマセン!)のですが、かえって親しみを感じます。

この門をくぐらなくても入れます。



                    応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
いのり



 四国を歩いておへんろさせてもらっている間に、たくさんの人のお祈りしている姿を目にしました。
白衣を身に着けた方のおいのりも、普段着同様の方のおいのりも、一心さに変わりはないと思うのでした。



 毎日写真とともにまつきよのおへんろ記を道順に沿ってアップしています。最初からごらんになりたい方は、カテゴリー「一番さんから六番さん」をクリックなさってください。感想や体験談もお待ちしています。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
銅鑼



 本堂の銅鑼(この呼び方でよかったでしょうか、チト不安)を見あげるとき、私はなぜか一番謙虚というか、すがるような気持ちになっていました。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
お大師さんの像



 四国にいったい何体のお大師さん像が建てられているのでしょう?、そして日本全体では。

おへんろの旅が進むにつれて、お大師さんの像への親しみの気持ちも増してゆきます。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
小坊主さん


 このキャラクターは、確かに目立ってるし、役に立ってると思いますが、・・・・。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
仏足石


 りっぱな仏足石です。
こうしてあっては我々の足をあわせることはかないませんが、礼拝した手で身体のわるいところをさわると請願が成就するとのこと。


私の場合、頭でしょ、心臓でしょ(弱い)、心でしょ(弱い)、顔でしょ、・・・・・、さわるとこ、いっぱいでした。

お大師さん目をそらされてたかなあ。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
井戸寺さん



 井戸寺さんも堂々たるかまえです。私が到着すると同じ日に歩き出した人が5,6人談笑していて、ミニ同窓会のようでした。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
井戸



 井戸の水に自分の姿が映れば、たいそうなご利益があるらしいです。(昨日のけいさんのコメントもぜひお読みください。)

私は..........、うすくかろうじて映っているような、いな○よう○・・・・でした。(ホントノハナシナンデス)


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
団体さん



ひとがお祈りしているその姿に頭がさがることがあります。

おへんろは、歩きもクルマも自転車もバスツアーもとおしも区切りもみんな一緒だと思います。四国に包まれ、お大師さんと旅をしている。おなじだと私は思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
いちご


 井戸寺さんの脇、店先のスナップです。読みにくいと思いますが、「ワンパック100円」と書いてあります。いちごです。
おへんろさんと50円ずつ出しあって食べました。楽しくておいしかったです。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
表札を読む。


井戸寺さんとお別れしてまた歩きます。徳島市の中心街を横断するような感じです。
 もうひとりのおへんろさんと連れ立って歩いていたのですが、道に迷いました。それを見ていた土地の人が笑っていたので、これ幸いと道を聞いてこんどは三人で大笑いしました。
不思議です。何がそんなにおかしかったのか思い出せないのですが、三人で大笑いしたことだけは覚えています。

この表札も中心街に立っていました。一読するとちょっと意味がとおりません。狸奉賛会のところで、たぬきの話かと合点しました。地元じゃ有名すぎるお話なんでしょうか?






応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
お裁縫セット



 この日泊まったビジネスホテルでの1枚です。
みなさん、おへんろの旅に必要なグッズ。お裁縫セットです。私は忘れてました。これは、いちごを分けあったおへんろさんに借りたお裁縫セットです。

何に使ったかというと、ナップサックを縫いました。肩にかけてる二本の吊りのバッグよりの根元が早くもとれかかってきだしたのです。

 予想外でした。



毎日写真とともにまつきよのおへんろ記を道順に沿ってアップしています。最初からごらんになりたい方は、カテゴリー「一番さんから六番さん」をクリックなさってください。感想や体験談もお待ちしています。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 十二番~十九番
だれだかわからないりっぱな像



次の日は快晴でした。国道にそって恩山寺さんめざして歩きます。
ところで、歩いているとなんだかわからないものを目にすることがあります。この銅像?はいったいだれなんでしょう。

 
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひおおしえください。

| BLOG TOP |

copyright © スローライフおへんろ~私のへんろみち all rights reserved.Powered by FC2ブログ