FC2ブログ

プロフィール

お大師さんの会

Author:お大師さんの会
このブログでは、まつきよ(管理人:お大師さんの会会員)のおへんろの体験と、お大師さんの会の活動を紹介させていただきます。
 感想などお寄せいただければ、うれしいです。
 「お大師さんの会」は、おへんろの経験を日常の中に生かしてゆきたいと考えている人の会です。


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:みち 七十三番~八十番
73番さん

 10時44分。
73番の出釈迦寺さんに到着しました。
少し登ったところにあるお寺さんです。
72番の曼荼羅寺さんより先におまいりさせていただきます。

 こちらのお寺さんの背後というか、その先にというかに
我拝師山がそびえたっています。
 
 言い伝えでは、
弘法大師が七歳のときこの山に登り、
仏門に入って多くの人々を救いたい、この願いがかなうなら釈迦如来あらわれたまえ、
と願って身を断崖絶壁から谷底へ身を投げたところ
釈迦如来があらわれて弘法大師を助け、願いがかなう旨教えてくださったそうです。
 そして、喜んだ大師は、出釈迦寺(しゅしゃかじ)を立てたそうです。


 なんというか

 ・・・・・・・

 個人的にはそんなお話がなくても
お大師さんを私は信じています。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 七十三番~八十番
食わず貝

 なかなかかわいい納経所への案内です。

でも、うしろに注目してください。
「不食貝」  ( くわずかい )

 あるとき、
お大師さんが神峯寺さん近くの浜辺で
漁師に貝を分けてほしいと頼みました。
ところが、その漁師は「この貝は食べられないのじゃ」
と言って断ったそうです。
 すると、
その貝はほんとうに固くて食べられなくなってしまったそうです。

 これが弘法大師7不思議のひとつだと記されています。
が、
私が不思議なのは
 (いろいろとツッコムところはありますが・・)
なぜ、
神峯寺さんにまつわるようなお話がこちらで
紹介されているのか、です。
 そこのところはまったく触れられていませんでした。

 もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら
ぜひおしえてください。

   ・・・・なんとなくケチをつけるようで
      お寺の方には聞けませんでした。 ・・・

 
 すこしもやもやしながら
次のお寺、曼荼羅寺さんを目指します。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 七十三番~八十番
曼荼羅寺さん
 
 71→73のあととなった
72番の曼荼羅寺さんは
目と鼻の先と言ってもいいくらい
近くにありました。

 門の前で一礼をしたあと、
だいぶ暑くなってきたこともあり、
まずリュックを鐘楼の脇に置きます。
それからいったん白衣を脱いで、
シャツの中にタオルを差し込んで
汗をぬぐいました。

 ふう~


 曼荼羅寺さんはそもそもは別の
名前だったそうです。
 807年に改築造営されたあと
お大師さんによって曼荼羅寺と命名されたとのことでした。

 直接関係があるかどうかはわかりませんが、
こちらのお寺には、お大師さんが唐から持ち帰った
「金剛界」と「胎蔵界」の曼荼羅が安置されています。

 やはりお大師さんの生まれ故郷が近いせいでしょうね。
今日のお寺さんはみんな
お大師さんとの所縁が深いです。







| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 七十三番~八十番
甲山寺さん鐘楼

 甲山寺さんへの道も平坦な道で農地市街地を歩いてゆくと
あっさりと着いてしまいます。

 第74番札所 甲山寺さん

こうやまじさんとお読みします。
こちらのお寺さんは、嵯峨天皇の命で
お大師さんが満濃池の工事を完成させたあと
いただいたご褒美(お金)を用いて伽藍を建立されたそうです。

 比較的小さなお寺さんですが、
なにか善通寺さんの前の砦のような感じがしました。
 
   ・・・・ スキカッテナカンソウオドウカオユルシクダサイ





この写真は私がお参りさせていただいた当時の山門です。
今は新しいご門が出来上がっています。
 もし、お写真お持ちの方がいらっしゃいましたら、
ご投稿いただけるとうれしいです。(お遍路さんの話)





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 七十三番~八十番
みぞれ

 曼荼羅寺さんの次はいよいよ
善通寺さんです。
 やはり八十八箇所のお寺さんの中でも
別格ですよね。
 少しく緊張の中、歩いてゆきます。
タオルで汗をふきふき歩くと
暑さの中ですが、道は平坦で20分ほどで着いてしまう
そのときです。

 「おへんろさん、おへんろさん 暑いやろう」

声がかかりました。
 お寺の脇の、雑貨屋さんというのでしょうか
お店から出てきたばかりの
腰の曲がったおばあさんが
目の前を通り行く私に
声をかけてくれたのでした。

 そして冷たいシャーベットを渡してくれました。
どう考えても、
自分が食べようと買ったばかりのシャーベットです。

 一瞬、遠慮が頭をよぎりました。

でもお接待はありがたくいただくのが、
お約束。

 精いっぱいきちんとお礼を言って
お辞儀をして、
そしていただきました。

 おばあさんはしわくちゃの顔を
笑顔でいっぱいにしてくれると、
お連れの、こちらも腰の曲がったおばさんと二人して
私に背をむけて歩いて行かれました。




 ありがとうございます。

 お大師さん、ありがとうございます。
 四国のみなさんありがとうございます。






| BLOG TOP |

copyright © スローライフおへんろ~私のへんろみち all rights reserved.Powered by FC2ブログ