FC2ブログ

プロフィール

お大師さんの会

Author:お大師さんの会
このブログでは、まつきよ(管理人:お大師さんの会会員)のおへんろの体験と、お大師さんの会の活動を紹介させていただきます。
 感想などお寄せいただければ、うれしいです。
 「お大師さんの会」は、おへんろの経験を日常の中に生かしてゆきたいと考えている人の会です。


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:みち 四十五番~五十一
岩屋寺さんから



 未練の思いを抱きながら、岩屋寺さんをあとにしますが、そのときにはもう他のおへんろさんの姿はまったく見えず、みやげ物屋さんもすっかり店じまいしたあとでした。

 17時20分。国民宿舎にチェックインしたときは疲労困憊。部屋に入るとしばし何もできない状態でした。
 晩御飯の時間が厳粛に決まっているので、よろよろと食べに行きましたが、疲労のため口に入れるだけで楽しめません。

 今日は頑張りすぎた。


 いや、


昨夜の準備、雨への備えが甘かったのが一番イケナカッタ。

 苦い反省が心にひたひたと満ちてきます。




応援ひと押しおねがいします。ONE CLICK please!

 
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 四十五番~五十一
宿舎前


 昨日の雨がウソのような、快晴です。

 睡眠を多くとったので今朝は8時50分、誰もいなくなってからの出発となりました。
さいわい、身体も復調しています。舗装道路をたんたんと歩いてゆきます。

「おへんろさん、どこ行くのお」

 話してみると私は道を間違えていました。

 声をかけてくださった○○岡さんが勧めてくださるままに、車のお接待をいただきました。
10分もかからずあっという間に大宝寺さんの駐車場まで着いてしまいました。

 あっさりとふつうのこととしてお接待してくださったお二人になんとお礼を言うのが一番良いのか、
言葉がなかなか見つからず、
 「○○岡さんと○○田さん(軽バンを運転してくださった人)のご健康を
大宝寺さんでお祈りさせていただきます」
とどもりながら伝えました。





 もう半分以上来てるのに、いまだにお接待をいただくとドキドキしてしまって
感謝の気持ちをじゅうぶんにあらわすことができません。



 
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 四十五番~五十一
お大師さんお姿「


大宝寺さんは深い緑と大きな門を持つ立派なお寺さんです。


   ・・・・・・・・ お大師さまを人生の目標とし、
   同行二人「お大師さまといつも一緒」という生活をおくることが、
   真言宗の安心の要となります。
   お大師さまと共に力強く「今」を生きてまいりましょう。・・・・・・





      ※私も、お大師さんの会も真言宗さんと関係があるわけではありません。
        念のため。






 ところで、昨日、お遍路の行程の半分を越えたとちょっと(?)はしゃぎましたが、
44番さんをあとにまわして45番さんに先回りしていたわけですから、今日今をもって半分以上ですね。

        ヤハリキノウハツカレテイタ・・・・・・・・・



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 四十五番~五十一
大宝寺さんからの道


 この写真からもいい天気だったことがおわかりいただけると思います。


 昨日とはえらいちがいや ←愚痴を言うたらあかん

 以上セルフツッコミでした。  (ヨシモトナラワカル・・・・)

 
 冗談はともかくとして、でもそんな気分になるいい気持ちです。
と言うのはお天気のせいだけではありません。
大宝寺さんを出立するとすぐに、
お店の老夫婦(ゴメンナサイ!)に声をかけてもらって、お茶をいただきながら
しばし楽しくお話したのです。


 ここ四国でも雪が降る

 そしてそんな日にも歩いてやってくるおへんろさんがいらっしゃるそうです。

 笑顔が、えもいわれぬほどすてきなご夫婦でした。

金柑ジュースの素をお接待してくださいました。


 さあ、胸をはって次の札所めざして歩いてゆきましょう!





 後日談:ずうっとずうっと大切にしていた金柑ジュースの素。
      
      賞味期限過ぎてしまいましたー。あちゃあ~
      でも今でも大事にしてます。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:みち 四十五番~五十一
道しるべ浄瑠璃寺さんへ


しばらくは、ピーカンの国道にそって歩いてきました。

次の札所は浄瑠璃寺さんですが、

 浄瑠璃って、あの人形劇みたいな(←失礼な発言、反省)
なんか、艶っぽいというかお寺さんらしくない名前ですね。 (←要、大大反省!)


 上の標識の地点から山道に入ります。
三坂峠です。といっても、それまでの国道がだらだらと登ってきているので、
たいした山道ではありません。

 こんどはだらだらと下り道が続くだけです。

 





               そう、下り道がだらだらと・・・・・・・・・






| BLOG TOP |

copyright © スローライフおへんろ~私のへんろみち all rights reserved.Powered by FC2ブログ